チケット売買サービスの選び方とおすすめサイトの紹介

あの売り切れたチケットが手に入るかも、viagogoとは?

チケット売買サービスviagogoを利用すると、

手に入らなかったチケットを買うことができたり、
不要になってしまったチケットを売ることができます。

ネット上で、チケット売買サイトは非常に多くあるので、
自分の希望に合わせて、サイトを選びながら利用していってもらえると良いでしょう。

 

 

売り手にも買い手にもメリットがある!

チケットを売る側、買う側どちらにとっても、

非常にメリットのあるサイトだと思われます。

チケットを売る側からすると、
行く予定だったけど行けなくなってしまったイベントがあった場合、
そのまま諦めるとチケット代金が丸々損です。

しかし、こういったサイトで買いたい人を探して売ることができれば、
定価前後の金額で売れる可能性があるので、損をしたとしても、その程度を最小限まで食い止められます。

そして、チケットを買う側に関しては、
何らかの事情で手に入らなかったチケットが、
本来なら諦めないといけないチケットが、

手に入るチャンスが生まれるので、
諦めていたイベントへの参加が叶うかもしれないという点では、
メリットが大きいと言えます。

 


サービスをどう選ぶ?

こういったチケット売買サービスの選び方としては、

できるだけ扱っているチケットの数が多いところ、
利用者数や会員数が多いところを買う側にとっての目安にすると、

探しているチケットが見つかりやすいです。
また、自分が探しているジャンルのチケットをちゃんと扱っているサイトを選びましょう。

そして、売る側にとってもメジャーで大きなサイトの方が、
チケットを探している人が多く訪れる可能性があるので、
それだけ売れやすいと言えますから、そういった基準で選びましょう。

 


大手のチケット売買サービス

いくつか目に付くサイトがあるものの、

特に取り扱っているチケットの数が多いのは国内の場合は「チケットキャンプ」、
海外の場合は「viagogo」になります。

ここは音楽関係のライブやコンサート、
ミュージカル、スポーツ観戦などのチケットが数多く売買されており、

販売する側もかなり人数としては多いので、
ここでは買いたいチケットが見つかる可能性がとても高いですし、
サイト自体も大きいので探している人間が多くきやすい分、

逆に買ってもらえる可能性も高いはずです。

このチケットキャンプの特徴としては、
手数料がかからない場合が一部存在していることです。
それは定価以下でチケットを販売するケースで、
この場合には通常かかる手数料が無料になります。

そして、そのチケットのイベント開催当日まで取引をすることができるようになっているので、
双方にとってもメリットが大きいです。

売る側からしてみれば、ギリギリまで買ってくれる人を待てるわけですし、
買いたい側からすれば、
当日だけどまだ残っているチケットがあるかもしれないという期待が持てますから。

例えば、こういったviagogoやチケットキャンプのようなサイトは、
売る側、買う側双方にとっても理想的だと思うので、
今後そういった機会があれば思い出してほしいと思います。